FC2ブログ

ブログ

亡き王女の為のセプテット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ このページの上へ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

亡き王女の為のセプテット

亡き王女の為のセプテット 楽譜

東方幻音奏雲音ゆこさん),鶯壱里廿秒さん),東方ピアノ譜イルカさん)の3つの楽譜を使わせて頂きました。

メロディーはとりあえず追うとして,ソロギターに編曲するとき悩むのは(悩むほどの余地が残されていない場合も多いのですが)伴奏部です。

手頃な音型(和音の構成音やスケール上をうろうろするような)が原曲にある場合はそれを再現したり雰囲気だけ似せたりします。ない場合はコードを見てアルペジオ※の伴奏を付けたり,伴奏の替わりにメロディーにハモりを付けたり,何もしなかったりします。副旋律が目立つ場合は2声部でそれぞれ主旋律と副旋律を弾いてみたくなります。

そんな感じで東方の曲の,ギターの響きを生かさない方向のソロギター編曲(アレンジって言うとアレなので)がまた1つできたわけです。

編曲者が自分で演奏を発表してもいない段階で,運指も付いてない楽譜をわざわざ好き好んで弾く人がいる可能性は極めて低そうですが。期末試験が終わったら演奏のほうも UP して,運指付きの楽譜も作るつもりです。

※ギター関連で「アルペジオ」は,縦の波線で表される奏法のことよりも,和音の構成音を1音1音分解して(8分音符などの明確な音符の連なりとして)弾くことを指す場合が多いです。転じて,和音の構成音でなくても,ある一定の間複数の弦をそれぞれの響きを残したまま1弦1弦弾いた場合アルペジオ(的奏法)と言われることがあります。ちなみに私は個人的に縦の波線で表される奏法をアルペジアーレと呼んで区別しています。

↑ このページの上へ

コメント一覧

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者だけに見せる

↑ このページの上へ

トラックバック一覧

トラックバックする

トラックバック URL
http://oneguitar.blog123.fc2.com/tb.php/6-56c7bc9a
トラックバックする (FC2ブログユーザー用)
トラックバック記事作成用リンク (FC2ブログユーザー用)

↑ このページの上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。